学科コース紹介|ストレスケア教育のパイオニアBTUストレスマネジメント研究所

バランスセラピー学に基づいたストレスケア教育

お問い合わせ・資料請求 お問い合わせ・資料請求

バランスセラピー学とはリラクセーションプログラムです。

バランスセラピー学 体験談

職場力」と「家族力」がともに上昇する職場づくりを

新地由美子さん
久留米大学職員となり、聴力検査技師及び秘書の業務を務める。子育ての悩みで勉強をする中でBTUストレスマネジメント研究所に入学。 職場や地域でストレスケアのボランティア活動を続ける)

江口静子さん
民間会社勤務の後久留米大学職員となる。秘書業務を行う一方で、社会貢献のための資格に惹かれBTUストレスマネジメント研究所に入学。学内保健室にて活動を開始)

久留米大学ストレスケア同好会「久遠の会」を結成
対象者は、久留米大学の職員全てで、私たちが勤務する医学部とそれ以外のキャンパス、 医療センターや付属の中学高校の職員にも案内しています。
医師や看護師、教職者、技術職、事務職などさまざまな職業の方々がホメオストレッチを受けてくださいます。

ストレス指数が高く、身体の緊張が非常に強い方が多いのですが、ホメオストレッチを受けた後は、「身体が軽くなったみたい」と笑顔で帰っていかれます。
なにより驚かれるのは、ホメオストレッチをする私たちの手の温かさだそうで、安心感を感じられるようです。

大学という職場は、様々な職種の職員が協力し合って患者の治療、大学や病院や教室の運営や学生の指導、研究にあたっているため、受けるストレッサーも様々です。

職場のストレスを家庭に持ち込まないようにするためにも、まずは職員一人一人がセルフケアに努めることが第一です。そうすると「職場力」「家族力」ともに上がっていくことができると信じています。

今後の展望としては、職場内に「リラクセーションルーム」を設置して、常勤のストレスケア・カウンセラーがいるような職場になるように努力していきたいと考えています。

 


 

M.Uさん
浦上美希
さん

責任のある仕事も任されていた入社4~5年目、自立神経を崩し、うつ病に。 通院しながら仕事を続けるが、さらに体調不良の病状が酷くなり休職へ。そんな中、BTUと出逢いがあった。

・全身の強張りや痛みが減り、緊張状態も少しずつ緩和して行った。
・悪いようにしか取れなかった事柄も「まぁ、いっか」「しょうがない」と流せることが増え、人への感謝の念が沸くようになった。
・長年飲んでいた薬の服用がすべて不要となり、BTUに通い始めて4カ月で鬱病完治の診断を受け本来の健康を取り戻した。
・見た目の明るさ、笑顔、声の張りが良くなった、精神的に成長したと言われるように。
・今では元職場のストレスケアカウンセラーとして活躍中。

バランスセラピー学科 コース紹介

《学費優遇のご案内》JTBベネフィット(えらべる倶楽部)、全教互九州ブロック協議会(教職員互助組合)の会員の方は学費の優遇制度が適用されます。詳しくは最寄りのBTUまで。


pagetop
pagetop